自転車のヘルメット 嫌がる子供に着用させるには? かっこいいおすすめ

子供自転車ヘルメットイメージ

 

お子さんが自転車に乗るとき、ヘルメットはどうしてます?

 

自転車の安全や事故については最近ニュースで話題にのぼる時が多くなりました。まあその多くがマナーに関する話題なんですが。

 

安全面で言うと、お子さんの自転車は気になりますね。特に今までは親と一緒にでかけていた子が、友達と一緒に自転車で出かけるようになったら心配は増すばかりです。

 

自転車のヘルメット着用は、バイクと異なり法律的には義務にはなっていません。ただ子供については罰則がないものの着用をするよう努めるという努力義務が規定されています。自転車は軽車両ですから、事故に遭遇した場合は特に頭部のダメージを軽減してくれるヘルメットは重要ですから。

 

ただヘルメットを嫌がるという子供もけっこういます。これには、「面倒くさい」とか「友達がヘルメットをしていないからカッコ悪い」という理由があります。また小さなお子さんですと、ヘルメットを頭にかぶる違和感を嫌い、ヘルメットを着用してくれない子もいます。

 

今回は子供の自転車のヘルメットについて、嫌がる子供に着用させる方法についていろいろ調べてみました。かっこいいおすすめのヘルメットも紹介します。

 

 

子供の自転車のヘルメット着用率は低い現状

 

子供のヘルメット着用率はまだまだ低いのが現状です。小さいなお子さんですとママの意識が重要です。しかし、ある調査によると、幼児など小さなお子さんのヘルメット着用率は約50%ほどと半数までにとどまっています。

 

理由はママの意識が低いのもあります。つまりヘルメット着用しないことへの安全性への知識が不足しています。日本では自転車というと歩道を走っている人も多いです。また車道を右側を通行している人もたくさんいます。中には子供を自転車に乗せて、車道を右側通行で反対通行をしている人さえいます。

 

このようなことは、そもそも自転車を歩行者の延長と考えているのが原因の一つです。自転車は軽車両であり、徒歩と比べてかなりのスピードが出ます。特に最近では電動アシスト自転車で子供を乗せているママさんがいますが、けっこうなスピードが出ます。そのため事故になるとかなりの衝撃があることになります。

 

小さなお子さんですと、ヘルメットを嫌がることもあります。頭になんだか思い物をのせるわけですから、子供にとっては違和感があるのでしょう。ヘルメットを嫌がるお子さんには、できるだけ軽いヘルメットを選んだり、子供が喜ぶキャラクターのヘルメットなどを選ぶのが方法の一つです。

 

ヘルメットを購入する際には、子供が嫌がるどうかを見極めるため、しっかり試着をして選ぶようにしましょう。購入してからヘルメットをかぶるのを嫌がって無理やり着用させると、途中でヘルメットを脱いでしまう場合もあるので注意が必要です。

 

SPONSORED LINK

 

地域によってヘルメットの着用率は変わる

 

小学生以上ぐらいになると、子供のヘルメット着用率は地域によって異なります。例えばある地域では子供の自転車のヘルメットを義務化し、みんなヘルメットを着用をしている場所があります。

 

このような地域はヘルメット着用を当たり前と考え、みんながヘルメットを着用しています。みんながヘルメットをしているので、子供はそれほどヘルメット着用を嫌がらないわけです。

 

しかし、地域によってはヘルメットの義務化もなく全く自由なところもあります。むしろそのほうが多いでしょう。このような場所では多くの子供がヘルメットを着用をしません。面倒くさいやみんながヘルメットを着用していないのでカッコ悪いというのが主な理由です。

 

子供に自転車の危険性や交通ルールをしっかり教える

 

子供に自転車のヘルメットを着用させるには、自転車の危険性についてしっかり教えることが重要です。また頭部の損傷を防いでくれるヘルメットの効果も教えてあげましょう。

 

子供が安全に自転車に乗るためには、交通ルールをしっかり教えることが重要です。特に事故が多く潜む交差点内や、一時停止の必要性など危険箇所に対しては入念に教えることが大事です。

 

 

ヘルメットを嫌がるお子さんにはかっこ良いヘルメットで

 

子供特に活発な男の子はかっこいいものに興味を示します。多くのお子さんが好きなものに鉄道があります。鉄道中でも新幹線は大人気。

 

そんな大人気の新幹線ですが、新幹線の先頭車両をモチーフにしたヘルメットが人気になっています。この商品は子供が好きな鉄道のイラストを入れたヘルメットなら、かぶってもらえるのではと思い商品化を実現しました。

 

商品ラインナップは現在のところ4種類。ドクターイエロー、東北新幹線「E5系はやぶさ」、秋田新幹線「E6系こまち」、さらに最近話題の北陸新幹線「E7系かがやき」があります。これなら珍しくてかっこいいので着用もしてくれるし、それを見た友達も別の種類のヘルメットが欲しくなるかもしれませんね。

 

 

SPONSORED LINK

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ